形を見ることができる達成感があります。

願永涼太さん

バリ取り/3年

 書道十段の腕前の願永さん。書道の師匠のご縁で隣町の飯南高校に進学すると、放送部に所属するなど活発な高校時代を過ごしたそうです。実家の吉田町に近いところでの就職を考える中で、協栄金属の話しを聞かれたそうです。その時、お話ししていた森山部長の明るく元気で楽しそうな雰囲気に惹かれて、入社を希望されました。
 現在はバリ取りという、レーザーやパンチで切られた鉄板の切り口をサンダーで磨いて、仕上げる仕事をしています。始めは簡単だと思ったそうですが、やってみると奥が深く、ただ削るのではなく、角度や強度を変えて、より速く美しく仕上げる工夫をしているとのこと。その方法は、先輩たちに教えてもらったことと、自分がやりやすいようなやり方とを掛け合わせ見つけているそうです。そこでは書道で培われた、綺麗な字を書くことと、自分らしさを表現することを探求してきたことが活かされています。
 協栄金属は、森山部長から受けた印象そのままの会社で、仕事がオンの時も、オフの時も楽しんでいらっしゃいます。

#

#

この仕事のやりがい

 自分ができる技術が身について、人から頼まれることが増えると嬉しいです。信頼され、必要とされることが喜びです。

この仕事の苦労

 同じ姿勢での作業が続くので、首が痛くなったりします。休み休みしながら、先輩にもコツを聞いたりしています。

個人目標

 まだまだわからないことが多いので、やれることを増やして、自分でどんどんできるように自立していきたいです。

お問い合せ・ご相談

お問い合せ、ご相談のご希望される方は、下記の入力欄に必要な情報をご記入ください。

折り返し担当スタッフよりご確認の連絡をさせていただきます。

    ※必須項目以外もぜひご記入ください。

    ※お問い合わせ内容
    ※ご担当者様氏名
    ※会社名(法人の場合)
    部署名
    ※郵便番号
    ※ご住所
    ※メールアドレス
    ※電話番号
    個人情報取扱いに関する事項

    個人情報保護方針に同意する

    ご記入ありがとうございました。

    ご記入内容をご確認の上お問い合せボタンを押して下さい。

    • 事業案内
    • 取扱い商品
    • 設備紹介
    • 会社案内
    • 人材募集
    • お問い合わせ
    お問い合せ