自分にしかできないことができた時や
製品ができたときはとても嬉しいです。

藤原大毅さん

溶接/3年

 高校時代、技術系に進路を決めた藤原さんは、東部高等技術校ものづくり機械加工科に進みました。技術校の先輩の中に協栄金属で働いている方がいらして、先生から話しを聞いたのが協栄金属に関心を持ったきっかけで、入社以来3年間、溶接を担当しています。溶接について、学校でも少し触れたそうですが、現場で仕事として取り組むことで、よりたくさんのことを学び、技術を身に付けることができているそうです。
 溶接の現場は「とにかく暑い」とのことですが、そう言う藤原さんの表情は爽やかで、現場での作業は颯爽としてテキパキと進められます。受け答えや物腰がしっかりして、これからの協栄金属を担うエースとして期待されるのも納得です。
 そんな藤原さんですが、休日には友人たちと出雲あたりに出かけて、カラオケでオール!などということも。「今だからできますね。」とプライベートも楽しそうです。

#

#

この仕事のやりがい

 自分にしかできないことができた時。例えば、初品に取り組んで、治具(製品を作るための道具)を作ることから始めて、製品ができたときはとても嬉しいです。

この仕事の苦労

 とにかく暑くて、熱いです。でも、子部品がだんだん組みあがって大きな製品となって行く感動には代えられないですね。

個人目標

 まずはなるべくミスがないようにしたいです。それから中学・高校と美術部で絵を描いていたので、また絵を描きたいと思っています。そのことを仕事とつなげると、技術校で少しやりましたが、設計図を描くことにも興味があります。

お問い合せ・ご相談

お問い合せ、ご相談のご希望される方は、下記の入力欄に必要な情報をご記入ください。

折り返し担当スタッフよりご確認の連絡をさせていただきます。

    ※必須項目以外もぜひご記入ください。

    ※お問い合わせ内容
    ※ご担当者様氏名
    ※会社名(法人の場合)
    部署名
    ※郵便番号
    ※ご住所
    ※メールアドレス
    ※電話番号
    個人情報取扱いに関する事項

    個人情報保護方針に同意する

    ご記入ありがとうございました。

    ご記入内容をご確認の上お問い合せボタンを押して下さい。

    • 事業案内
    • 取扱い商品
    • 設備紹介
    • 会社案内
    • 人材募集
    • お問い合わせ
    お問い合せ