覚えることがたくさんあって、奥が深い

柳楽治美さん

ベース加工/1年半

 パンチング、プレス、自動タップ、タップ・・・いくつもの機械を使いこなし、ラインで活躍する柳楽さん。実は知的障がいがあるのだそうです。これまでは清掃などの仕事をされてきましたが、施設の実習で訪れ、プレスをやってみたら「できた!」ことがきっかけとなり、以前から工場で働いてみたい気持ちもあって、協栄金属に入社されました。
 初めはプレスだけの仕事をしていましたが、半年前から他の機械の使い方も覚えて、ベースの加工ができるようになりました。リーダーさんを始め、周りの方が明るく優しくわかりやすく教えてくれるのだそうです。
 やわらかな笑顔が印象的な柳楽さんですが、現場に入ると途端に表情がキリッとされました。手早く機械を操作すると、製品の状態を鋭い眼差しで確認して加工を進めていきます。その仕事ぶりにはハンディキャップは感じられず、良き環境があれば障がいは個性になって行くのを実感しました。
 休日はドライブで気分転換したり、ゆっくり体を休めたり、心身を整えて過ごすそうです。子どもの頃から好きだったものづくりの仕事を、とても大事に取り組んでおられます。

#

#

この仕事のやりがい

 いろいろな機械を使えるようになることが楽しく、覚えることがたくさんあって、奥が深いところです。

この仕事の苦労

 機械の金型が何百種類もあって、これを覚えることが課題です。今はリーダーさんに見てもらって、確認しています。

個人目標

 しっかり覚えて、自分ができることを増やしていきたいです。

お問い合せ・ご相談

お問い合せ、ご相談のご希望される方は、下記の入力欄に必要な情報をご記入ください。

折り返し担当スタッフよりご確認の連絡をさせていただきます。

    ※必須項目以外もぜひご記入ください。

    ※お問い合わせ内容
    ※ご担当者様氏名
    ※会社名(法人の場合)
    部署名
    ※郵便番号
    ※ご住所
    ※メールアドレス
    ※電話番号
    個人情報取扱いに関する事項

    個人情報保護方針に同意する

    ご記入ありがとうございました。

    ご記入内容をご確認の上お問い合せボタンを押して下さい。

    • 事業案内
    • 取扱い商品
    • 設備紹介
    • 会社案内
    • 人材募集
    • お問い合わせ
    お問い合せ